2018年05月05日

ディズニーランド・シー裏情報・都市伝説

ディズニーランド・シーの、裏情報・都市伝説について・・・・。



何でもいいので、教えてください!!カップルで行くと別れる
この手の話は他の観光スポットでも聞かれるが、TDLの場合は「アトラクションの待ち時間が長いため、会話が続かなくなって気まずくなる」、TDLには「かわいい女の子が多いので、男の方が目移りしてしまう」といった理由づけがなされる事がある。

また「シンデレラ城を通り抜けると別れる」、「イッツ・ア・スモールワールドで、一体だけある日本人形のくるくる回っているところでキスすると、その二人の仲はずっと続く」といったアトラクション毎の都市伝説も複数知られている。



カラスがいないのは、特殊電波を出して寄ってこないようにしているためである

カラスの部分が、蚊などになっているバリエーションもある。

特殊電波の箇所には、音波、電磁波といったバリエーションがある。

実際に行ってみれば分かるが、野生のカラスも蚊もいる。

カストーディアル(清掃担当キャスト)が多く、カラスの餌となる食べこぼしなどが残されていることが少ないため、見かける頻度が少なくなっているものと思われる。

この都市伝説からの発展系として、「この特殊音波は成人にはあまり感じられないが、子供には聞き取れる。

東京ディズニーランドで子供が通常以上にはしゃぐのは、特殊音波の副作用」というものがある。

一部の音源には「蚊の嫌がる超音波」が録音されている。

ただし、実際にその音域まできちんと再生されているかは不明。




TDLの地下
TDLの地下には巨大地下室があり、そこには裏カジノがある・会員制の秘密クラブがある TDLの地下にはジュースなどの物資を運ぶための地下通路が何本も走っているという都市伝説。

TDLには会員制レストラン「クラブ33」が存在するので、これと混同したものか。

また、地下搬入路は実際に存在する[4]が、ターレットトラックが二台すれ違える程度の規模で、巨大とまでは言えない。

おそらく米・ディズニーランドやマジック・キングダムに存在する巨大な地下管理施設群と混同されたものと思われる。

こちらのものは、現地でガイドツアー(見学ツアー)が開催されていたり、市販のDVDなどで紹介されているため、その存在を確認することができる。

TDL地下の実際は、来場者用の出入り口が1つ(メインエントランス)なのを利用したパークの外周にある地上の業務用道路(バックステージエリア)と組み合わされ、周囲に業務用道路が接続できない島状の建物が多い区域を中心に地下に業務用通路が3本作られている(建設当初は、前出のディズニーパークのように管理施設群を地下に納める予定だったが、地理的条件(埋立地)と、それに伴う高額な建設費用の目処が立たず断念している)なお、一般のゲスト(入園客)は立ち入る事は出来ず、キャスト(従業員)の移動や商品・食材等の搬入・搬出、オンステージを通すと周囲がパニックになり、安全確保が難しいVIPやテレビクルーなどの移動に使われている。



ホーンテッドマンションの男の子
TDLの幽霊屋敷を模したアトラクション「ホーンテッドマンション」に本物の幽霊が混じっているというもの。

この話は開園当初から知られており、「最後に出てくる幽霊は本物、いや赤い幽霊が本物、黒い髮の女がそうだとか、ピノキオの人形を持った男の子の幽霊がいる」といったバージョンがある。

またホーンテッドマンションの長く続く廊下には男の霊が顔を覗かせるが営業時間後にしか現れないので従業員しか知らないというものもある。



チップとデールのはち合わせ
チップとデールの姿をした着ぐるみが、同じくチップとデールの姿をした別の着ぐるみと出会ってしまい、計4人になってしまったというもの。


posted by ラインパズドラなう at 19:40| Comment(0) | ディズニーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする